最新のお知らせ イベント 2019.07.22

【開催レポート】 at Will Work「第4回パートナー会〜働き方の多様化を実現し組織活性をした成功事例〜」を開催しました!

at Will Workのパートナー会が
6月20日(木)19時~、株式会社ITプロパートナーズ様の会場をお借りして、行われました。


今回は
「働き方の多様化を実現し組織活性をした成功事例」と題し
アワード受賞または一次審査を通過された企業である

アクティブ・コネクター株式会社 小林喜子さん
トレンドマイクロ株式会社 堀川聡さん

の2社に登壇頂き、社内の事例を交えてお話し頂きました。

65165212_563188504209518_5191032842724835328_n.jpg

▶at Will Workからは代表理事の松林、理事の日比谷、猪熊が参加しました。

64538673_354622878582148_7420284709466275840_n.jpg

パートナー会では「学びと実践」をテーマに
多様な働き方を模索し、社内にて制度設計している実例を紹介、導入までの経緯や、実装するまでの苦労や悩みなど、ナレッジを共有し、それぞれ自社の働き方に活かして頂く事が目的としています。



アクティブ・コネクター株式会社 小林喜子さん
「外国籍メンバーの多様性を生かす答えは、7つのコーポレートバリューに」

64808734_677403169387858_6035684590079705088_n (1).jpg

アクティブ・コネクター社は「スタートアップ・ベンチャー企業×高度外国人材」に特化した企業で、約7,000名の独自高度外国人ネットワークを持っています。
AIや画像認識などの最先端の専門性を持ったエンジニアを得意とし、社内の半数が外国籍社員との事。

小林さんのチームにも、ジンバブエ国籍の方、ペルー国籍の方がいらっしゃるそう。

同じチーム内が多国籍である、という事は
それぞれの育ってきた環境や常識が違うチームをまとめるのに苦労がある事は想像できます。

アクティブ・コネクター社が出した答えは7つのバリュー(企業価値観)を作り出すこと。

小林さんのチームが社内の1人1人と丁寧に面談を重ねて、
社員全員が目指すべきアクティブ・コネクターの未来像を紐解いていったそうです。

163f24fdc366d5a2346f5863f69054521591f293.jpg
▲アクティブコネクターの7VALUES

会場でも話題になった、7つのバリュー。

英語で定められたバリューの和訳が秀逸で、

「Celebrate Originality」=変人万歳!個性を社会で輝かす。

などは賞賛の嵐でした(笑)


社内用に作成されたビデオでも、海外から日本に渡ってきて、
働く事の難しさを実感する中、様々な悩みがある外国人が、自らが活きる道をアクティブ・コネクター社で見つけた、そういう様子が素敵でした。

アクティブ・コネクター = #異人・変人と変革を



※なお、小林さんには
自社ブログにて記事も今回の登壇レポートを記載頂きました!
>>第4回at Will Workパートナー会にて登壇致しました!


トレンドマイクロ株式会社 堀川聡さん
「Be Yourselfを掲げ、キャリア自律をサポートする」

64732308_693104687790979_7577549416660205568_n (1).jpg

トレンドマイクロはインターネットセキュリティベンダーとして皆さんもご存じの
「ウイルスバスター」ソフトを販売する会社。

起業はシリコンバレーですが、現在は日本が本社であり、
社長は、創業者の1人でもあるエバ・チェンさん(台湾国籍・女性)。

日本の上場企業で
創業者が女性社長であり、外国籍である企業はほぼ無いそうです。



トレンドマイクロ社が課題として設定したのは

創業30年、社員も多様化、人生100年時代
→この先、社員も会社も成長し続けてるために会社は何が出来るのか?

という事。



若手社員がキャリアを考える中、トレンドマイクロは好きだが、自分の可能性を試したい。
そういうニーズに応えるため
トレンドマイクロ社の人事制度を整えるプロジェクトが発足したそうです。


テーマは

「人生100年時代"Be Yourself"を実現する人事制度」





Be Yourselfを実現するためには、まず

自分がどうなりたいのか?どうありたいのか?= Be Yourself

と仮定し、社員のニーズを丁寧に拾い上げていったそうです。

そして制度設計をした形が以下です。

スクリーンショット 2019-07-22 15.28.15.png

・協業・社外出向・ネクストチャレンジ→再入社制度

など、"自社内に収まらない多様な働き方"を社員全員に提供する形を模索した事は明白です。


そしてこの制度は毎年更新されているそうで、2018年には新たに4つの制度を導入したそうです。

スクリーンショット 2019-07-22 15.30.14.png

成果として

・副業 25名
・出向 7名
・退職加算金 14名

が制度利用をして新しい働き方を見出しチャレンジしているそうです。


制度を作るだけではなく、理解浸透をし、社員が自発的に利用していく。
そういう姿を生み出すまでの苦労も語って頂きました。




◼︎パネルディスカッション

at Will Work理事の日比谷がファシリテイションを務めさせて頂き、
アクティブ・コネクター株式会社 小林喜子さん
トレンドマイクロ株式会社  堀川聡さん
2社の事例を深掘りしていきます。

64885250_2265810566991205_527326429516398592_n (1).jpg

64968321_890099548017418_3662753869579943936_n (1) (1).jpg

会場からもリアルタイム質問をオンラインで募集し、
参加企業からも、シンプルかつ本質的な質問が届いていました。


特に話が盛り上がったのは、バリューの浸透について。

多くの企業で、理念や社会的意義、行動指針などを定める会社も多いと思いますが、
最も重要な事は、組織の細部にわたるまで、企業の価値観が行き渡る事。

過去のat Will Workのカンファレンスでも
「理念が社内で社員同士が冗談を言い合う時、理念が出てくるように」すれば浸透するスピードが上がる、
と話題になりました。





そしてケータリングはFoodist Links 株式会社さまに用意して頂きました。

パートナーの皆さんからは見た目の可愛さだけではなく、味も美味しい!と大評判!
なんと、ハンバーグの上にat Will Workの旗が掲げられていました!!

64730468_435542980616860_8266993466983055360_n.jpg


次回の交流会は8月21日水曜日予定です。
是非ご都合合うパートナー会員様、お越し下さいー!



そして多様な働き方のナレッジ共有に興味ある企業様、人事の方。
at Will Workでは随時パートナー会員募集中です!
お問合せは<こちら>から。


【本件に関するお問い合わせ先】

企業名:一般社団法人at Will Work 広報
担当者名:日比谷 / 遠藤
Email:pr@atwill.work