働き方を考えるカンファレンス2020「働くと経営課題」 | at Will Work

働くと経営課題
- 企業の経営戦略・実践のリアルから学ぶ -

昨今「働き方改革」の取り組み実施する企業は7割を越え、日々の報道でも関連するものを目にしない日はなくなってきました。
一方で“改革”という言葉の強さもあり、何か新しいことをしなければいけないと思う方も少なくないようです。
本来、働く環境を整えることは、働く全ての人が最高のパフォーマンスを発揮するために大事なこと。
そしてそれは古くから多くの企業で取り組みをされてきました。

今回、2020年のカンファレンスは、5回実施するうちの終盤に突入し、4回目になります。
日本がよくなるためには、経営課題として、どのように捉えどのように取り組みをしていくかを考えることが企業にとっては重要だと考えました。
表層的な取り組みをするのではなく、本質的な部分に踏み込んで取り組んでいくことが大切であるのでは。
そのため今回のテーマは「働くと経営課題」としました。

例えば、リモートワークやフリーアドレスなどの新しいオフィスの形態が増えていますが、
それらは本当にマネジメントにおける課題解決に繋がっているのか、また繋げていくにはどのようにしていくのがいいのでしょうか。
そのような経営課題に直結する働き方のテーマについて実際の現場でどのように取り組みが行われているのでしょうか。

2020年のカンファレンスでは

「働き方改革関連法」
「採用と定着」
「働く場所の柔軟性」
「人事戦略や人事部のあり方」
「人材難への対応 」

などのテーマに、これらの課題に真剣に取り組む経営者の皆様から学び、
次の新しい世界をどうやって創っていくのか、様々な角度から考えるカンファレンスを実施したいと思います。

働き方を考えるカンファレンス2020
「働くと経営課題 」
- 企業の経営戦略・実践のリアルから学ぶ -

日時

2020年2月20日(木) 10:00-20:00

開催場所

東京都港区虎ノ門1丁目23番3号
虎ノ門ヒルズフォーラム(虎ノ門ヒルズ森タワー 4F)

「働き方を考えるカンファレンス2020」の特徴

働き方を取り巻く幅広いテーマを一同に。

日本企業の歴史、社内制度の歴史、法律の歴史、採用の歴史、オフィスの歴史など、
広く深く考えるためのカンファレンステーマを設定しています。

参加者全員で考え、一緒に未来をつくる。

参加者は企業や組織で、また個人で「働き方」に関わっている方などさまざま。
議論や対話を通して、参加者全員が考え、今日明日から実践できるアイデアやヒントが見つかるカンファレンスです。

他ではなかなか聞けない話や、興味深い登壇者が揃う。

普段なかなか同じカンファレンスに揃うことがない豪華な登壇者の皆さんや、
面白い化学反応やイノベーションを引き出す組み合わせを設定し、他にはない貴重なトークをお聞き頂けます。

SPEAKERS

様々な視点から、今とこれからの「働き方」を皆さんに問いかける、豪華な登壇者陣が集まります。

Opening Session / Closing Session

谷田 千里谷田 千里氏

株式会社タニタ 代表取締役社長

加藤 勝信加藤 勝信氏

厚生労働大臣、働き方改革担当大臣

Session ♯1 〜 ♯7

青野 慶久青野 慶久氏

サイボウズ株式会社 代表取締役社長

猪熊 真理子猪熊 真理子氏

一般社団法人at Will Work 理事 / 株式会社OMOYA 代表取締役社長

大内 智重子大内 智重子氏

株式会社電通 執行役員

岡本 泰彦岡本 泰彦氏

ライク株式会社 代表取締役社長兼グループCEO

亀島 成幸亀島 成幸氏

東急不動産株式会社 執行役員(総務部・人事部・法務部・IT戦略部担当)

小林 喬小林 喬氏

株式会社三井住友銀行 執行役員 人事部長

髙橋 恭介髙橋 恭介氏

株式会社あしたのチーム 代表取締役社長

田中 公康田中 公康氏

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 アソシエイトディレクター

谷本 有香谷本 有香氏

Forbes JAPAN 副編集長

中川 雅寛中川 雅寛氏

株式会社乃村工藝社 常務取締役 管理統括本部 統括本部長

長田 健登長田 健登氏

株式会社ザイマックス  ジザイワーク事業部長

野口 孝広野口 孝広氏

(株)リクルート 執行役員(人事・総務担当)

能村 幸輝能村 幸輝氏

経済産業省 産業人材政策室室長

浜田 敬子浜田 敬子氏

Business Insider Japan 統括編集長

日比谷 尚武日比谷 尚武氏

一般社団法人at Will Work / 一般社団法人Public Meets Innovation / 渋谷をつなげる30人 等 コネクタ

藤本 あゆみ藤本 あゆみ氏

一般社団法人at Will Work 代表理事 / Plug and Play Japan株式会社 執行役員CMO

松林 大輔松林 大輔氏

一般社団法人at Will Work 代表理事 / 株式会社ストリートスマート 代表取締役

水田 正道水田 正道氏

パーソルホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO

三田 弘道三田 弘道氏

一般社団法人at Will Work 事務局長 / 株式会社Flucle 代表取締役 / 社会保険労務士

山本 勲山本 勲氏

慶應義塾大学 商学部教授

※登壇者は、順次こちらのページで発表致します。
※登壇者・登壇時間は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

TIMETABLE

働き方を考えるカンファレンス2020の当日のタイムテーブルです。

※各セッションの詳細情報や登壇者情報は随時更新予定です。
※登壇者・タイムテーブルは予告なく変更になる場合がございます。
当日の状況により時間が前後したり、変更になる可能性がございますので、あらかじめご了承下さい。

会場地図

Session

働き方改革取り組み実践事例 のその先 -(仮)

働き方革命として、自由な働き方を推進すべく、個人事業主化の取り組みを実施した企業の事例を学ぶセッション。開始当初から賛否両論を巻き起こして取り上げられることも多くありました。2017年に開始してからこれまで取り組んできて得た成果、実施したからこそ見えた課題、国や政府に期待することなどについて、経産省と共に考え、未来のあり方について議論するセッションになります。

生産性向上と労働時間の実際 -(仮)

時代の進化とともに産業構造が代わり、働き方も変わってくる中で、製造業を中心として発展してきた日本における労働環境が実態と合ってないということも多いのではないでしょうか。旧態依然とした価値観と実際の労働現場にギャップがある中で、労働のあり方はどのように変わっていくのか。また、働き方の柔軟性が高まり、仕事内容も変わる中で労働時間をどのように定義をし、企業としての労務環境や、現場をどのような仕組みにしていくことが望まれるのか。労務領域における実践的な取組みを学ぶセッションになります。

データで見る働き方改革 - Lunch Session - (仮)

働き方改革が提唱されて4年ほどが経過しようとしていますが、企業における取り組みの実態や現場のリアルな声のデータをもとに、今の労働環境はどのような状況なのかについて知り、また今後の技術革新によって雇用や労働市場がどのように変わってくるのか。その時代の変化を予測し、企業が取り組む働き方改革の方向性を考えるセッションになります。

働き方改革関連法の実態 -(仮)

働き方改革法案が2019年4月に施行されておよそ1年。企業においての実態を知り、今後の経営者、人事責任者が理解しておかないといけない注意点について考えるセッション。企業における「働き方改革」という言葉疲れが出てくる中で、リアルな成功ケース・失敗ケースから、今後の企業の向かうべき方向について一緒に考えてみます。

テレワークなど働き方の柔軟性拡大はマネジメントとして有効か -(仮)

テクノロジーの進化と共に、テレワーク人口が増加しています。テレワークの浸透により、労働場所の制限は少なくなり、これまで働くことが難しかった人が働くことができたり、働き方の選択肢は増えました。一方で労働時間のマネジメントが難しい、コミュニケーションの課題が大きいなどマネジメントおける課題もあり、今後、テレワークスタイルが広がるかどうかは、これらの課題解決が重要となっています。このセッションは、テレワークなど柔軟な働き方に取り組むことのの有効性や起こりうる課題、それらに対しての対策などの成功ケースについて実践企業を交えて学ぶセッションです。

新時代における人材と組織づくり -(仮)

労働人口減少が経営に本格的にダメージを及ぼしつつあり、人材難による倒産などの声も出てきました。 そんな中でも人材採用と定着に成功して、業績を伸ばし続けている企業も存在します。そんな人材難の時 代に採用と定着を成功させている企業の働き方改革の取組み実態を知り、その具体的な実践事例から参加者の皆様が自社にも活かせる取り組みを発見して頂くことを目指したセッションです。

経営課題としての人材難への対応 -(仮)

労働人口減少により経営の変革を求められる中で、事業モデルを変革し、人材難の時代を乗り越えようとする企業が増えてきています。このような状況の中で生産性を高め、働く人にとっても魅力的な職場を作ることによって事業を成長させ、かつ人材難への取り組みを進めている企業の実践事例から、今後、企業がこの「人材難」という課題にどのように取り組んでいけばいいのかを考えるセッションになります。

働き方改革のこれから 〜求められるマネジメントのあり方とは〜

組織のあり方も時代や経営フェーズに合わせて変化していきます。ヒエラルキー型組織、ティール型組織などと組織における新しい組織モデル概念が世の中に出ていますが、組織の構成は、事業モデルや事業戦略、会社の文化などと密接に絡むものであり、一様にこれが正しいと言えるものではありません。しかしながら、時代に応じて変化するマネジメントの流れを理解し、自社組織のスタイルやマネジメントをどのようにしていくかを考えることは経営においてとても重要なことではないでしょうか。 このセッションでは最新の組織マネジメントを研究し、自社にあった組織のあり方を考えるセッションになります。

10:0017:50

10:00 ~ 10:10at Will Work / at Will Work Conference 2020とは

  • 藤本 あゆみ氏(一般社団法人at Will Work 代表理事 / Plug and Play Japan株式会社 執行役員CMO)
  •  
  •  

10:10 ~ 10:55働き方改革取り組み実践事例 のその先 -(仮)

  • 谷田 千里氏(株式会社タニタ 代表取締役社長)
  • 能村 幸輝氏(経済産業省 産業人材政策室室長)
  • 松林 大輔氏(一般社団法人at Will Work 代表理事 / 株式会社ストリートスマート 代表取締役)

11:00 ~ 11:50生産性向上と労働時間の実際 -(仮)

  • 猪熊 真理子氏(一般社団法人at Will Work 理事 / 株式会社OMOYA 代表取締役社長)
  • 亀島 成幸氏(東急不動産株式会社 執行役員(総務部・人事部・法務部・IT戦略部担当))
  • 中川 雅寛氏(株式会社乃村工藝社 常務取締役 管理統括本部 統括本部長)

12:00 ~ 12:50データで見る働き方改革 - Lunch Session -(仮)

  • 日比谷 尚武氏(一般社団法人at Will Work / 一般社団法人Public Meets Innovation / 渋谷をつなげる30人 等 コネクタ)
  • 山本 勲氏(慶應義塾大学 商学部教授)
  •  

13:00 ~ 13:50働き方改革関連法の実態 -(仮)

  • 髙橋 恭介氏(株式会社あしたのチーム 代表取締役社長)
  • 三田 弘道氏(一般社団法人at Will Work 事務局長 / 株式会社Flucle 代表取締役 / 社会保険労務士)
  •  

14:00 ~ 14:50テレワークなど働き方の柔軟性拡大はマネジメントとして有効か -(仮)

  • 小林 喬氏(株式会社三井住友銀行 執行役員 人事部長)
  • 長田 健登氏(株式会社ザイマックス ジザイワーク事業部長)
  • 松林 大輔氏(一般社団法人at Will Work 代表理事 / 株式会社ストリートスマート 代表取締役)

15:00 ~ 15:50新時代における人材と組織づくり -(仮)

  • 谷本 有香氏(Forbes JAPAN 副編集長)
  • 水田 正道氏(パーソルホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO)
  •  

16:00 ~ 16:50経営課題としての人材マネジメント難への対応 -(仮)

  • 青野 慶久氏(サイボウズ株式会社 代表取締役社長)
  • 岡本 泰彦氏(ライク株式会社 代表取締役社長兼グループCEO)
  •  

17:00 ~ 17:50働き方改革のこれから 〜求められるマネジメントのあり方とは〜

  • 大内 智重子氏(株式会社電通 執行役員)
  • 野口 孝広氏(株式会社リクルート 執行役員(人事・総務担当))
  • 浜田 敬子氏(Business Insider Japan 統括編集長)
  •  

CLOSING SESSION

18:0018:30

18:00 ~ 18:20 Closing Session

  • 加藤 勝信氏(厚生労働大臣、働き方改革担当大臣)
  • 藤本 あゆみ氏(一般社団法人at Will Work 代表理事 / Plug and Play Japan株式会社 執行役員CMO)

18:20 ~ 18:30挨拶

  • 松林 大輔氏(一般社団法人at Will Work 代表理事 / 株式会社ストリートスマート 代表取締役)
  •  

AFTER PARTY

18:5020:00

TICKETS

原則、会社の取締役・執行役員及び代表者が推薦する事業企画・経営企画・人事の責任者のご出席お願いします。

ご来場にはチケット購入が必要です。ご参加なさる方の人数分チケットをお申込みください。

OFFICIAL SPONSORS / PARTNERS

スポンサー・パートナー(五十音順、敬称略)

特別協賛
協賛
メディアスポンサー

【取材に関するお問い合わせ先】

当日のご取材をご希望の方はこちらからお申込みください。