働くと経営課題
- 企業の経営戦略・実践のリアルから学ぶ -

昨今「働き方改革」の取り組み実施する企業は7割を越え、日々の報道でも関連するものを目にしない日はなくなってきました。
一方で“改革”という言葉の強さもあり、何か新しいことをしなければいけないと思う方も少なくないようです。
本来、働く環境を整えることは、働く全ての人が最高のパフォーマンスを発揮するために大事なこと。
そしてそれは古くから多くの企業で取り組みをされてきました。

今回、2020年のカンファレンスは、5回実施するうちの終盤に突入し、4回目になります。
日本がよくなるためには、経営課題として、どのように捉えどのように取り組みをしていくかを考えることが企業にとっては重要だと考えました。
表層的な取り組みをするのではなく、本質的な部分に踏み込んで取り組んでいくことが大切であるのでは。
そのため今回のテーマは「働くと経営課題」としました。

例えば、リモートワークやフリーアドレスなどの新しいオフィスの形態が増えていますが、
それらは本当にマネジメントにおける課題解決に繋がっているのか、また繋げていくにはどのようにしていくのがいいのでしょうか。
そのような経営課題に直結する働き方のテーマについて実際の現場でどのように取り組みが行われているのでしょうか。

2020年のカンファレンスでは

「働き方改革関連法」
「採用と定着」
「働く場所の柔軟性」
「人事戦略や人事部のあり方」
「人材難への対応 」

などのテーマに、これらの課題に真剣に取り組む経営者の皆様から学び、
次の新しい世界をどうやって創っていくのか、様々な角度から考えるカンファレンスを実施したいと思います。

働き方を考えるカンファレンス2020
「働くと経営課題 」
- 企業の経営戦略・実践のリアルから学ぶ -

日時

2020年2月20日(木) 10:00-20:00

開催場所

東京都港区虎ノ門1丁目23番3号
虎ノ門ヒルズフォーラム(虎ノ門ヒルズ森タワー 4F)

「働き方を考えるカンファレンス2020」の特徴

働き方を取り巻く幅広いテーマを一同に。

日本企業の歴史、社内制度の歴史、法律の歴史、採用の歴史、オフィスの歴史など、
広く深く考えるためのカンファレンステーマを設定しています。

参加者全員で考え、一緒に未来をつくる。

参加者は企業や組織で、また個人で「働き方」に関わっている方などさまざま。
議論や対話を通して、参加者全員が考え、今日明日から実践できるアイデアやヒントが見つかるカンファレンスです。

他ではなかなか聞けない話や、興味深い登壇者が揃う。

普段なかなか同じカンファレンスに揃うことがない豪華な登壇者の皆さんや、
面白い化学反応やイノベーションを引き出す組み合わせを設定し、他にはない貴重なトークをお聞き頂けます。

SPEAKERS

様々な視点から、今とこれからの「働き方」を皆さんに問いかける、豪華な登壇者陣が集まります。

Opening Session / Closing Session

谷田 千里谷田 千里氏

株式会社タニタ 代表取締役社長

加藤 勝信加藤 勝信氏

厚生労働大臣、働き方改革担当大臣

Session ♯1 〜 ♯7

青野 慶久青野 慶久氏

サイボウズ株式会社 代表取締役社長

岡本 泰彦岡本 泰彦氏

ライク株式会社 代表取締役社長兼グループCEO

髙橋 恭介髙橋 恭介氏

株式会社あしたのチーム 代表取締役社長

長田 健登長田 健登氏

株式会社ザイマックス  ジザイワーク事業部長

野口 孝広野口 孝広氏

(株)リクルート 執行役員(人事・総務担当)

藤本 あゆみ藤本 あゆみ氏

一般社団法人at Will Work 代表理事

水田 正道水田 正道氏

パーソルホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO

※登壇者は、順次こちらのページで発表致します。
※登壇者・登壇時間は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

TIMETABLE

Coming soon

TICKETS

原則、会社の取締役・執行役員及び代表者が推薦する事業企画・経営企画・人事の責任者のご出席お願いします。

ご来場にはチケット購入が必要です。ご参加なさる方の人数分チケットをお申込みください。

OFFICIAL SPONSORS / PARTNERS

Coming soon

最新情報お知らせフォーム

新着情報のお知らせを希望する方は、フォームにご登録をお願い致します。
ご登録頂けますと、カンファレンスの詳細情報を先行してお知らせさせて頂きます。

【取材に関するお問い合わせ先】

当日のご取材をご希望の方はこちらからお申込みください。